気になる悩みを解決!デリケートゾーン用石鹸BEST5

人気の石鹸でデリケートゾーンケアをはじめよう

HOME » デリケートゾーンケア石鹸の基礎知識 » 【番外】間違ったケアが逆効果に…

【番外】間違ったケアが逆効果に…

多くの女性が間違っている、デリケートゾーンのケア法をご紹介していきたいと思います。ついついやってしまいがちなことを取り上げていますので、参考にしてみてくださいね。

実はNG?!デリケートゾーンのケア方法

  • NGケア1:洗いすぎ

ニオイや汚れ、黒ずみなど、様々な悩みがあるかと思いますが、どれも入浴時にしっかり洗えば解決しそうに思いますよね?だから、石鹸でゴシゴシ洗ってしっかり汚れを落としてニオイも黒ずみもケアしてます!なんて女性も多いはず。

でも、これ実は大きな間違いなのです。元々、膣には自浄作用があります。そのため、本当はお湯で洗うくらいでもOKなのです。

実は石鹸でゴシゴシ洗うと善い菌まで殺してしまい、余計に雑菌が繁殖してしまうのです。これがニオイやかゆみの元になってしまっている場合もあります。

ただし、デリケートゾーンにも少なからず皮脂がでますし、お湯だけでは汚れが落ちないことも多くあります。汚れをきちんと落としつつ、刺激は最小限に、するためには、お肌に優しいデリケートゾーン専用のソープを使うことがおすすめです。

また、いくらデリケートゾーン用のソープを使用していても、ゴシゴシと力を入れて洗っては意味がありません。泡で優しく洗うことが大切です。

  • NGケア2:ボディーソープを使う

ボディーソープには、界面活性剤が含まれています。泡立ちが良いため、つい使ってしまいがちなのですが、実は体にもあまり良くないのではないかと言う論争もよく起こっています。

そのため、皮膚の薄いデリケートゾーンに使用するのは絶対NGです。いくら使用感が良くても、ボディーソープで顔を洗おうとは思いませんよね?まぶたよりも皮膚の薄いデリケートゾーンですから、なおさら使用するのは良くありません。

  • NGケア3:毛の処理

実は、においの原因となる高温多湿の環境を良くするためにアンダーヘアをお手入れすることはとても大切。とくにニオイには効果を得やすいと言います。

ただし、毛抜きやカミソリを使用するのは絶対にやめましょう。足など、体の中でも割と皮膚が強い個所でも、毛抜きやカミソリによる脱毛は肌トラブルを起こしがちです。そのため、皮膚の薄いデリケートゾーンをそういった方法で脱毛するのはNG!クリニックなどで処理してもらうのがおすすめです。

ちなみに、アンダーヘアを薄くすることを目的とした石鹸もあるそうですが、使用する際は成分を確認し、体内に入っても害のないものを選ぶことが大切です。

 
気になる悩みを解決!デリケートゾーン用石鹸BEST5