気になる悩みを解決!デリケートゾーン用石鹸BEST5

人気の石鹸でデリケートゾーンケアをはじめよう

HOME » 石鹸を使ったデリケートゾーンのお悩み解決法 » ニオイ

ニオイ

デリケートゾーンのにおいの原因、みなさん気になりませんか?だって、一番人に気づかれて嫌なのが「におい」ですよね。

女性は月に1度生理をむかえます。それにあたり、2週間ほど前から体が準備を始め、おりものが増えるなどの変化が起こります。その際に、においもちょっと 気になり始める女性が多いのではないでしょうか?

特に生理週間は、あの独特なにおいが気になります。

デリケートゾーンのニオイの原因とは

デリケートゾーンがにおってしまう原因は、「菌」にあります。汗臭くなるのも、汗自体が原因ではなく、菌が汗や角質などをエサとし、それらを分解する際ににおってしまうと言われています。それと同じで、デリケートゾーンも菌が様々なものをエサとして、それらを分解する際ににおいがでてしまうのです。

ただし、デリケートゾーンには、特有のエサがあります。それは、「おりものや経血」です。もちろん、尿や汗、角質なども原因なのですが、それらは気を付ければ対処できるものです。

また汗も問題で、デリケートゾーンはアポクリン汗腺が多い箇所になります。このアポクリン汗腺は、尿素やアンモニアなどがたくさん含まれているため、これらが菌の好むエサであるために、菌が繁殖しやすく、特有のにおいがするようです。

石鹸を使ったデリケートゾーンのニオイ対策

それでは、対策としてはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

それは、体と同じで、「清潔にすること」が一番です。ただし、ゴシゴシ洗ってはいけません。しっかり泡を立てて、その泡を使って優しく包み込むように洗います。顔と同じですね。

ただし、デリケートゾーンには、溝がたくさんありますので、そこに溜まった汚れなどもしっかり洗ってあげる必要があります。そのため、できれば、洗浄力は強いけれど、刺激は少ないというデリケートゾーン専用の石鹸を使うことをおすすめします。

また、高温多湿といった環境も菌が繁殖する要因となりますので、下着の素材にはこだわりましょう。綿やシルクでできたものを選び、おりものが多い際はおりものシートを使用してこまめに取り換えるなど、できることから少しずつ行ってみましょう。

ただし、ひとつ注意しなければいけないことがあるのですが、においには「病気」が潜んでいる場合があります。特におりものがいつもと違うにおいがする、と感じたときは、量や色に変化がないかを確認したうえで、念のため婦人科を受診することをおすすめします。

 
気になる悩みを解決!デリケートゾーン用石鹸BEST5